Summer style

毎シーズン人気のアンティパストのBOTANICALシリーズ。
この夏おすすめのスタイルをご紹介します。

V開きで首元が綺麗に見えるワンピース。ベースは麻を使用しており、さらりと着心地が良いのが特徴。グログランリボンのウエストベルトで、キュッとウエストを絞って女性らしくしても素敵です。日差しが気になる日にはmature ha.(マチュアーハ)sugri(スグリ)の帽子を。ワンピースのインナーにはHENRI(エンリ)EGI(イギ)のキャミソールを着て、レースをちらりと見せても。

BOTANICAL IX Sock knit ワンピース(ANTIPAST) 38,000円
写真左:
BOXED HAT -11cm brim grosgrain ribbon-(mature ha.) 18,500円
forest parade ストール (mina perhonen) 26,000円
写真右:
ラフィア トップハット (Sugri) 20,000円

定番の靴下は色によってお花の色が異なります。落ち着いたお色みなのでお洋服にも合わせやすいです。

BOTANICAL IX ソックス (ANTIPAST)2,500円


フロントに「BOTANICAL IX」のソックニット生地を使用したブラウス。同系色でまとめると、よりボタニカル柄のテキスタイルが目を惹きます。サンダルを履いて、夏気分をアップ。

BOTANICAL IX Sock knit トップス(ANTIPAST) 27,000円
Possession サンダル(melissa) 9,750円
防水キャンバス kago bukuro かごサンドバッグ(eb.a.gos) 43,000円
jute scarf cap [mature ha.] 13,000円

夏に向けて、メインのお洋服と夏らしい小物を揃えませんか。

 

New Brand “sister jane” × etc..

新しくお取り扱いがスタートした”sister jane(シスタージェーン)”の春夏商品が入荷しました。

“sister jane” × etc..
いろんなブランドとのmixコーデをご紹介します。

ドレス ¥13,800 (sister jane)
ボーダーTシャツ ¥8,500 (homspun)
カーディガン ¥8,900 (Dot and Stripes)
バッグ ¥43,000 (eb.a.gos)

ブラウス ¥10,800 (sister jane)
Tシャツ ¥6,400 (fit for)
バッグ ¥87,000 (eb.a.gos)

ワンピース ¥14,800 (sister jane)
カットソー ¥6,400 (fit for)
デニム ¥21,000 (shop original)
スニーカー ¥16,000 (STUDIO NICHOLSON)

ドレス ¥13,800 (sister jane)
パンツ ¥17,000 (DOUBLE MAISON)
シューズ ¥42,000 (eb.a.gos)
バッグ ¥87,000 (eb.a.gos)

ドレス ¥17,800 (sister jane)
チュールトップ ¥15,000 (SOWA)
パンツ ¥36,000 (leur logette)

大人っぽくも、カジュアルなお洋服とも、様々なアイテムとの組み合わせを楽しんで頂けます。
さらに”sister jane”を詳しく特集ページでご紹介していますので、ぜひご覧下さい。

DOUBLE MAISON ベーカリードレス&パンツ

DOUBLE MAISONのベーカリードレス&パンツ、再生産が決まりました。
4月入荷予定で、現在キャズエドゥミ店頭、通信販売にてご予約受け付けております。
ドレス ¥29,000 / パンツ ¥17,000

セットアップで着て頂くのはもちろんおすすめですが、合わせるアイテム次第でがらりと雰囲気を変えて頂けます。
キャズエドゥミ店頭にはサンプルがございますので、ぜひご試着しにいらしてください。

春にほしいもの

まだまだ寒い日が続きますが、
そろそろ春物が気になり始めるころ・・・何が欲しくなりますか?
春に向けてのオススメをご紹介します。

always デニム ¥30,000〜 (mina perhonen)

なぜか季節の変わり目にデニムが欲しくなります・・・
かたち・色の種類がたくさんあります。
いろいろ穿き比べて、自分にぴったりのデニムを見つけるのも楽しいですね。

こちらでalwaysのデニムの素材感やかたち、種類などを特集しております。

そしてそのデニムに合わせるブラウスをいくつかご紹介します。
着心地の良い白いシャツは着ると気持ちもシャキッと。


ripstopモノグラム NO.007(WH)¥12,800 (Malle chambre de charme)

コンパクトツイル フラットカラーブラウス ¥21,000 (homspun)
ハイカウントウェザー フリルカラーブラウス ¥26,000 (homspun)

そして人気のエバゴスのブラウスで新素材タイプが入荷しました。
長袖ブラウス ¥28,000〜 (eb.a.gos)

別注水玉ブラウスはほどよい張り感があり、バルーンの袖になっていていたりとかわいい要素がたっぷりです。
合わせるアイテムによって大人っぽくも着られます。

どのブラウスも素敵で春が来るのが待ち遠しくなりますね!

ブラウス以外のトップスもたくさんご用意しておりますので、ぜひご覧くださいませ。

 

2019 NEW YEAR SALE

明けましておめでとうございます。

1月2日(WED)より、キャズエドゥミ、キャズエドゥミ ルパサージュ、ラ ヴィオレット、オンラインショップにてSALEがスタートしております。
再マークダウンのアイテムも多数ございます!ぜひ、お見逃しなく!!


mina perhonen 2019SS ONLINE SHOP 先行予約 START !

大変お待たせ致しました。明日12月22日(土)18時より、mina perhonen 2019春夏コレクションのオンラインショップ先行予約がスタート致します!
シーズンテーマは”mille fiori(ミルフィオリ)”。

花の図案が連続して並ぶ刺繍のテキスタイル“anemone(アネモネ)”。
見つけると幸運を受け取ったように感じる小さな虹を、ふわふわの雲で包んで。もくもくと柔らかな曲線が四方を囲むビスケット柄のテキスタイル”biscuits(ビスキュイ)”。
おぼろげに思い起こされる記憶の中の景色。ゴム判に筆で色付けをする手法で描かれた蝶が標本のように並ぶテキスタイル”memoria(メモリア)”。

定番の”tambourine”、”forest parade”も新たな試み、組み合わせのテキスタイルで登場。ぜひご覧くださいませ。
また、店頭では掲載商品以外のお写真もご覧頂けます。ご来店お待ちしております。


chambre de charme Noir

chambre de charme Noirシリーズのコンセプトは仕立てる、修繕する、couture(クチュール)。
なつかしさの残る服、はぎれを繋ぎ合わせて、一針一針、繕い縫う、丁寧な手仕事。

大きめの衿がポイントのワンピース。つけ衿は上品な光沢感が特徴の高密度なサテン生地を採用。
ケープ付き ゆるワンピース  ¥14,800
パンツを重ねて普段使いにはもちろん、ヒールを合わせるとオケージョンにもご使用頂けます。
付け襟は他のワンピースやTシャツに合わせても。

1着で何通りもお楽しみいただける優秀なアイテムです。

homspun×3 ET DEMI

細めの畝のシャツコールロングギャザースカートを、ショップ別注でおつくり頂きました。ウエストにたっぷりとギャザーを寄せたボリュームスカート。

以前にお作りのあった時よりもスカート丈を長くして、より大人な印象に。homspunならではの0番手ステッチもさりげないポイント。シンプルな形だからこそ、普段のワードローブに加えておきたい1着。

別注 シャツコール ギャザースカート ¥30,000

季節感もあり、厚手のニットなど、暖かい素材のものと合わせて頂くのもおすすめです。
ヒールとの相性の良さも嬉しいところ。
シューズ ¥55,000 (mina perhonen)

championのスウェットシャツ

「洗うほどにタフになり、着込むほどに独特の風合い・味が出る」という魅力を極限まで再現したリバースウィーブ11.5ozシリーズ。 ウィメンズコレクションはオーバーサイズながらも丈は少し短く、ドロップショルダーでメンズライクになりすぎないデザイン。 素材は暖かみのある裏起毛を使用。
¥8,500 (champion)
 

ネームタグには人気の高い70年代モデルの「青単タグ」(青単色タグ)を使用。
プティーのお色は同色を合わせてバッグや靴で差し色を加えても。
パンツ ¥22,000 (nesessaire)
バッグ ¥22,000 (mina perhonen)
靴 ¥16,000 (STUDIO NICHOLSON)
 

タックインでスカートやパンツに合わせるのもおすすめ。
スカート ¥19,800 (CHILD WOMAN)
靴 ¥12,000 (STIL MODA)

tambourine

2000年の発表以来、皆様に愛されミナ ペルホネンを代表するテキスタイルとなった“tambourine”。
タンバリンが生まれた時の皆川さんの心境や、素晴らしい商品が出来上がるまでに関わる職人さんについてなど。“tambourine”の色々を特集ページにてご紹介しています。